AおよびV症候群

Navigation
AD
AおよびV症候群
ボディパーツ:
医学主題:
概要

AおよびV症候群とは何ですか

AV症候群は、垂直方向のインコヒーレンス斜視を伴うサブタイプの水平斜視です。つまり、上下に見ると、水平方向の傾きが明らかに変化し、「A」と「V」の文字にちなんで名付けられています。

原因

AおよびV症候群の原因は何ですか

病因物質

外眼筋、解剖学的要因、神経支配要因、遺伝的要因など、AV症候群の形成には多くの理由があります。

病因

AV症候群の形成には多くの理由があり、次のように要約できます。

1.水平筋の原因。Uristは、AV症候群の形成は、腹直筋の内側と外側の上下を見たときの筋力の違いに関連していると考えています。生理学的状態では、目を上に向けると分離効果がわずかに増加し(<15△)、目を下に向けると凝集効果がわずかに増加します(<10△)が、通常の制限を超えることはありません。上記の生理学的な違いは、外側直筋と内側直筋の効果の違いによるものです。一般的に、V現象は生理学的差異が大きすぎることが原因であるのに対し、A現象は生理学的差異が少なすぎることが原因であると考えられています。つまり、V-外斜視は外側直筋の過度の作用によって引き起こされます。V-内斜視は内斜視の筋力不足が原因であり、内斜視は外直筋の筋力不足が原因です。一言で言えば、Vサインは過度の水平筋力によって引き起こされますが、Aサインは不十分な水平筋力によって引き起こされます。

2.斜めの筋肉の原因。ジャンポルスキーは、上斜筋と下斜筋の強さがAV症候群の形成の重要な理由であると考えています。斜筋の二次作用により眼球が外側に向きを変えるため、下斜筋の強度が強すぎるとV現象が発生する可能性があります。ただし、下斜筋の強度が不足するとA現象が発生します。上斜筋の過度の強さはA現象につながります。V現象は、上斜筋の強度不足が原因です。つまり、真上を向いたときの水平傾斜の増加は下斜筋によるものであり、下を向いたときの水平傾斜の増加は上斜筋によるものです。Von Noordenは、斜筋の異常な機能がAV症候群の一般的な原因であると考えており、斜筋の異常な機能を伴うAV症候群はしばしば回転斜視を引き起こします。回転斜視は、異常な斜筋機能を伴うAV症候群によって引き起こされますが、水平筋端の傾斜によって矯正された後は矯正することができません。この回転斜視は、眼底写真によって確認されました。

3.上下の腹直筋の原因。ブラウンは、腹直筋の上部と下部の機能的な強さがAVサインの形成の理由の1つであると信じています。この2つの筋肉は眼球を内側に向けるという二次的な機能を持っているため、腹直筋上部の筋力が強すぎるとA現象を引き起こす可能性があります。上直筋の筋力が弱いとV現象を起こします。下腹直筋の強さが強いと、V現象を引き起こす可能性があります。腹直筋の筋力が弱いとA現象が起こります。つまり、真上を向いたときの水平傾斜の違いは上直筋によるものであり、真下を向いたときの水平傾斜の違いは下直筋によるものです。

4.水平-垂直直筋の原因。この見方をしている人は、AVの兆候は、片方の筋肉だけの異常ではなく、水平筋と垂直筋の両方の異常によって引き起こされていると考えています。一部の患者は、主に水平筋の過度の強さまたは弱さによって引き起こされ、垂直筋の二次的な変化をもたらす可能性があります。他の患者は、主に垂直筋機能が強すぎるか弱すぎるために水平筋に二次的な変化が生じるか、水平筋機能と垂直筋機能の両方が変化してAV症候群を形成したことが原因である可能性があります。

5.解剖学的理由:

  • AV症候群は顔の形に関連しています。たとえば、モンゴルの顔はA-内向性とV-外向性を引き起こす可能性があります。白人の顔は、A-外向性とV-内向性を引き起こす可能性があります。
  • 筋膜の異常:たとえば、ブラウンの上斜筋症候群は、上斜筋の弾力性の欠如が原因であるV-外斜視を伴うことが多く、上回転中に強制外転を引き起こします。ジョンソン癒着症候群では、垂直に回転したときに機械的分布現象を引き起こすこともあります。
  • 異常な筋肉の付着点:V現象のある患者の内腹直筋の付着位置は正常な人よりも高いが、外腹直筋の付着位置は正常な人よりも低いと考える人もいます。さらに、アタッチメントポイントの前後の動きもAVサインを引き起こす可能性があります。

6.神経支配の原因。臨床的には、AVの兆候が解剖学的要因によって引き起こされることはめったにありませんが、麻痺要因によって引き起こされることが多いです。AVサインの定義から、それは垂直非付随斜視を伴うサブタイプの水平斜視であることがわかります。つまり、水平傾斜または垂直傾斜が支配的であるかどうかに関係なく、それはの不均衡現象と組み合わされています筋肉が強すぎるか弱すぎる。垂直直筋と斜筋のどちらが主なものであるかについて明確な結論はありません。水平筋と垂直筋の両方に機能がありますが、どちらが最も重要であるかを明確に説明することは不可能です。垂直筋は神経インパルスと機械の機能を持っています、

また、生理的なV現象があります。つまり、元の目の位置に斜視がない場合、見上げると外斜視(最大17△)が発生し、見下ろすとA現象(最大17△)が発生します。最大5△)、これは神経支配因子に関連している可能性があります。

7.異常な収束と融合機能の原因。見下ろして融合を維持できない場合、現象を引き起こす可能性があります。上を向いても融合が維持できない場合、断続的な外斜視でよく見られるV現象が発生する可能性があります。

8.遺伝的要因。文献にはAV症候群の遺伝的要因に関する報告はほとんどありません。中国では、5世代の家族におけるV-外斜視の11例が報告されており、これらは常染色体優性遺伝でした。1人の発端者だけで手術中に外眼筋の異常な付着はありませんでした。

一言で言えば、上記の要因の中で、すべての症例の病因は単純な病因によって説明することはできませんが、それは主に外眼筋によって引き起こされます。

症状

AV症候群の症状は何ですか

臨床の種類と症状

1. A-内斜視:内斜視A徴候、内斜視アフェノメノン、A-内斜視、収束斜視A症候群としても知られています。つまり、真上を見ると内斜視の数が増え、真下を見ると内斜視の数が増えます。傾向は減少するか、さらには消えます。遠くと近くを見ると、傾きはほぼ同じです。内向き、下向きに見ると上斜筋の機能が強すぎ、目の位置が内転すると眼球が陥入します。患者は下顎の隆起があるかもしれません。

2. V-内斜視:内斜視Vサイン、内斜視Vphenomenon、V-内斜視、収束斜視V症候群としても知られています。つまり、真下を見ると内部傾斜の数が増加し、真上を見ると内部の数が増加します。傾向は減少するか、さらには消えます。内部の傾きは遠方よりも近く、下斜筋の機能が強すぎることがよくあります。患者は、小さな固定視野と頻繁な恐怖を伴う下顎内転を起こす可能性があります。

3. A-外斜視:外斜視A徴候、外斜視アフェノメノン、A-外斜視、発散性斜視A症候群としても知られています。つまり、外斜視の数は、真上を見ると減少または消失しますが、真下を見ると増加します。遠方からの外傾斜の数に変化はなく、上斜筋が機能しすぎていることが多く、眼球が内転すると眼球が陥入します。患者は下顎内転、眼の小さな固定領域を持っているかもしれません、そしてしばしば恐怖を持っています。

4. V-外斜視:外斜視Vサイン、外斜視Vフェノメノン、V-外斜視、発散斜視V症候群とも呼ばれます。つまり、外斜視の数は、真上を見ると増加しますが、真下を見ると減少または消失します。外斜視は近くのものよりはるかに大きいです。

5. X-phenomenon:つまり、元の目の位置では、正またはわずかに斜めであり、真上または真下を見ると、外部傾斜が増加し、「X」字型を示します。

6. XおよびA現象:つまり、元の目の位置では、わずかに斜めになっており、真下を向いている場合よりも真上を向いている場合の方が、外向きの傾きが多くなります。

7. XおよびV現象:つまり、元の目の位置では、わずかに斜めになっており、真下を向いている場合よりも真上を向いている場合の方が、外部傾斜の数がはるかに多くなります。

8.◇-現象:つまり、元の目の位置では、内部傾斜の数が少ないかまったくなく、真上と上下を見ると内部傾斜の数が増加します。

9. Y現象:つまり、元の目の位置で真下を見ると、外部傾斜の数が少ないか、外部傾斜がないのに対し、真上を見ると、外部傾斜の数が明らかに増加します。これはV-外斜視のバリエーションです。

10.-現象:つまり、元の目の位置と真上を見ると、外部傾斜の数は少ないか、まったくありませんが、真下を見ると増加します。それはまた、V-外斜視または逆型のY-現象の変化でもあります。

診断基準

  • 外部傾斜のVサイン:上向き固定の傾斜が下向き固定の傾斜よりも大きい(≥15△、8°〜9°)。
  • 内部傾斜のVサイン:上向き固定の傾斜は下向き固定の傾斜よりも小さい(≥15△、8°〜9°)。
  • 斜めAサイン:上向き固定の傾きが下向き固定の傾きよりも小さい(≥10△、5°〜6°)。
  • 内部傾斜の兆候:上向き固定の傾斜が下向き固定の傾斜よりも大きい(≥10△、5°〜6°)。
検出

AV症候群をチェックする方法

特別な臨床検査は必要ありません。

1.一般的な状態の検査:肉眼の遠視および近視、外眼の状態、屈折状態、屈折間質、固定特性および眼底の状態などを確認します。

2.目の筋肉の検査:角膜反射法、カバー方法、さまざまな目の診断位置などの定期的な目の筋肉の検査に加えて、次の検査も行う必要があります。

  • 元の目の位置の真上と真下の斜視をプリズムとカバー法で調べた。
  • 網膜対応、融合機能、立体視機能の検査およびAC / A比の測定。
  • 両眼固定視野検査、視線範囲を理解し、外科的方法を選択するための基礎を提供します。
  • 外眼筋の機能状態を4)ヘススクリーンで調べた。

3.AV症候群の検査で注意が必要な事項

①屈折異常がある場合は、検査時に矯正眼鏡を着用してください。

②近くを見るときは、小さな視標を見る必要があります。目の位置に対する調整係数の影響を減らすために、患者は検査のために3Dレンズを着用することができます。

③33cmと6mの固定の水平傾斜と上下の固定位置の傾斜をそれぞれ測定した。一部の人々は、3回の繰り返し検査が診断の基礎として使用できると主張しました。

④プリズムプラスカバー法で確認した勾配が優先されます。25度の角度で上下に回して、内部と外部の傾きを確認します。固定位置が上向きすぎたり下向きすぎたりするため、15度の角度で上に向ければ十分だと考える人もいます。

⑤斜めの筋肉機能と回転斜視をチェックするように注意してください:

  • 上斜筋機能の判定は、パークス分類法により4段階に分けられます。目を下に向けて30、左右に回したときの目の垂直傾斜30と、目の垂直傾斜の違いを確認します。A.グレード1:<10°。B.グレード2:10°〜19°。C.グレード3:20°〜30°。D. グレード4:> 30°。
  • Meng Xiangchengの分類によると、下斜筋の機能亢進の判断は3つのグレードに分けることができます:グレードA.1(1度):つまり、内旋中に上向きに傾いているもの。B.グレード2(2度):極端に内側に曲がったときにのみ上向きの傾斜を示す人。C.グレード3(3度):上向きに曲がると上向きの傾斜が発生します。
  • 回転斜視の決定は、眼底カメラによって行われた。Kong Lingyuanの測定方法によると、通常のディスク中心凹角の平均値は7.381°で、1.429°から13.333°の範囲でした。中心窩は、視神経乳頭の幾何学的中心面の0.343PD下にあります。
治療

AV症候群の治療法

治療:AV症候群の治療は主に外科的矯正を採用しています。A-内斜視およびV-内斜視の場合、規制要因と組み合わせる場合は、矯正のために眼鏡を着用する必要があります。眼鏡に加えて、過度の斜筋機能と調節因子を持つ患者の場合、両眼視の確立に有益な回転斜視の干渉を排除するために、斜筋の弱体化をできるだけ早く実行する必要があります。弱視の患者は、視力のバランスが取れているか類似している場合にのみ眼を手術できるように、最初に治療する必要があります。

AV症候群を矯正するためのいくつかの外科的方法があります。

1.水平筋の強化または弱体化

純粋な水平筋によって引き起こされた患者は、斜めの位置を解決するために内側直筋と外側直筋の操作しか行うことができません。原理は内側斜筋Aの現象であり、両眼の外側直筋を強化する必要があります。外斜視Aの現象のために、両眼の骨格筋を強化する必要があります。V傾斜の場合、両眼の腹直筋を弱める必要があります。V偏差の場合は、両眼の外側直筋を弱める必要があります。一言で言えば、サインAは水平筋強化手術を受け、サインVは水平筋弱化手術を受けた。

水平腹直筋の強化または後退の手術量について:Villaseeaは、各腹直筋の手術量は、内腹直筋で5mm、外腹直筋で8mm、外腹直筋で9mm、内腹直筋で10mmと規定しています。筋肉全体を軌道に引っ込めて完全に弛緩させることができるように、すべての制御靭帯を可能な限り切断し、筋肉間膜を緩める必要があることが強調されています。上下を見たときの傾きの差が20°以上(35△)の場合、3回の筋肉の操作が考えられます。EOPHCTには詳細な規制があります。

  • 内腹斜筋現象:遠くを見上げたときの斜めの画角は5°-10°であり、見下ろしたときの目の位置が正常であれば、1つの外側直筋だけが10mm切断されます。見下ろしたときの斜めの画角が5°-10°の場合、片方の眼で2つの腹直筋の外側を10-12mm切断するか、腹直筋の外側を5mm引っ込めて8mm切断する必要があります。
  • 斜めA現象:断続的または交互の患者の場合、2つの内側直筋が8mm切断される可能性があります。不変の患者の場合、元の眼の傾きは25°-30°であり、斜視の差が10°-20°(20△-25△)より大きい場合、単眼直筋を8-10で切断することができます。 mm、および外側直筋は8mmの間引っ込めることができます。
  • 斜めV現象:斜めの角度が遠くを見たときに20°、見上げたときに25°-35°、見下ろしたときに15°-20°に達すると、内側直筋が6mm切断され、外側直筋が後退します。同じ目に6mm。35°の斜め角度での距離を見て、40°を見上げて25°を見下ろすと、両眼の外側直筋が後退し、内側直筋が非主眼で8mm切断されました。 。手術は4〜6歳で実施し、正投影トレーニングは手術後に実施する必要があります。
  • V傾斜の現象:両眼の骨格筋が5mm後退し、弱視を伴う単眼斜視の場合は弱視眼のみを手術する必要があります。手術量は、患者の視力、屈折状態、斜視に応じて柔軟に制御する必要があります。一般に、腹直筋の収縮は4〜5 mm、腹直筋の収縮は7〜8 mm、腹直筋の収縮は4〜5 mm未満、腹直筋の収縮は6mm未満です。A-外斜視は両眼の内腹直筋を6mmカットするために使用され、A-内腹斜筋は両眼の外腹直筋を8mmカットするために使用されます。

2.水平筋の垂直転位

ナップはこのような手術を提唱しており、水平筋が垂直方向に変位すると、強膜の筋肉の接触弧と眼球の回転中心との関係が変化すると考えています。したがって、一方の垂直固定方向では、変位した筋肉と眼球との間の接触弧が増加し、他方の反対の垂直固定方向では、接触弧が減少し、その結果、水平筋の内外回転力は、筋肉の垂直変位に対応して減少する。 、こうしてAV現象を修正します。この操作方法は、垂直方向が強すぎたり弱すぎたりせず、傾斜がない場合に適しています。水平腹直筋の付着点を上下に動かすと、AV現象に対する収縮または切断の効果を大幅に高めることができます。3つの外科的方法があります:

  • A-現象は、2つの外部の腹直筋の付着点を下に移動するか(A-内斜視)、または2つの内部の腹直筋の付着点を上に移動する(A-外斜視)必要があります。V-現象では、2つの外腹直筋の付着点を上に移動するか(V-内斜視)、2つの内斜視筋の付着点を下に移動する(V-外斜視)必要があります。
  • 片方の目の内側直筋と外側直筋は、AV現象を修正するために、同時に上下に移動します。この方法は、主に2回目の手術または片方の眼に重度の弱視がある場合に使用されます。
  • 水平直筋は後退または切断し、上下に移動します。V外斜視の場合、外側直筋は後退して上方に移動します。元の目の位置が大きく傾いている場合は、後退と切り捨てを行いながら上下に移動します。つまり、外側直筋は「AV」形状の開放端に移動し、内側直筋は閉鎖端に移動します。変位は通常5〜10 mm、つまり腱の幅の半分から1です。上下の15△-20△の違いは、筋肉の付着点を腱の幅の半分だけ上下にずらすと修正できます。

3.上腹直筋と下腹直筋の強化または弱体化手術

これは、AV斜視を矯正するための上部および下部腹直筋内転の使用です。この方法は、AV現象を修正するためにのみ使用されますが、元の目の位置の水平方向の傾きを修正することはできません。水平筋の手術は同時に行う必要があります。その方法は、AV外斜視の強化手術を行うことです。つまり、A-外斜視は下腹直筋を強化し、V-外斜視は上腹直筋を強化します。AV内斜視は手術によって弱められ、A-内斜視は上腹直筋を弱め、V-内斜視は下腹直筋を弱めます。増強または縮小のための手術の量は、一般的に4mmです。パークスは、たとえば、2種類の操作を使用して、上腹直筋と下腹直筋の操作を2回実行する必要があることを提唱しています。AV内斜視における両側上腹直筋後退(A-内斜視)または両側下腹直筋後退(V-内斜視)の最初の手術、および両側下腹直筋切除(A-内斜視)または両側上腹直筋切除(V-内斜視)の2番目の手術)補正が不十分な場合。AV外斜視も2つの操作を指します。

4.上直筋と下直筋の水平方向の変位

これは、上下の腹直筋の付着点の鼻の変位が内旋力を強め、一時的な変位が内旋力を弱めるという原理に基づいて、AV斜視を矯正する手術です。この種の手術では、眼球が上下を見つめているときの眼のずれの違いを修正することはできますが、水平斜視を修正することはできません。したがって、水平筋手術は同時に実行する必要があります。方法は内斜視であり、腹直筋の上下を側頭側にずらす必要があります。ただし、AV外斜視の上下の腹直筋は鼻側にシフトする必要があります。変位量は通常5〜7 mmで、上直筋と下直筋の後退または切断と組み合わせることができます。

5.上斜筋と下斜筋の強化または弱化

これは、上斜筋と下斜筋の外旋を利用して手術を行い、斜筋を強めたり弱めたりして、AV現象を矯正するためのものです。この手術は、上斜筋と下斜筋が実際に強すぎるか弱すぎる場合にのみ実行できます。そうしないと、手術後に非外科的眼の二次上斜筋または下斜筋または回転斜視が発生し、協力によって眼の位置を修正できます。水平筋手術で。真上を見たときに傾きが大きく変化する下斜筋を手術する方法です。V-外斜視の場合は下斜筋を弱め、A-内斜視の場合は下斜筋を強化する必要があります。下を向いたときに傾きが大きく変わると、上斜筋の手術を行います。たとえば、上斜筋であるV-内斜視を強化し、上斜筋であるA-外斜視を弱める必要があります。ただし、機能が正常な上斜筋の場合は、弱めないでください。弱めないと、下を向いたときに回転斜視が発生します。同側眼の下斜筋の機能が正常または過剰である場合、一部の患者では手術後に下斜筋の機能がさらに増加し​​、結果として上斜筋を弱める手術は禁じられます。二次V型斜視。結論として、AV外斜視は上斜筋と下斜筋の弱体化を必要とします。一方、AV内斜視は、上斜筋と下斜筋の強化を必要とします。斜筋の手術は非定量的であり、下斜筋の衰弱の手術は一般的に切断、部分切除および後退です。強化作業には、プリポーズとフォールディングが含まれます。上斜筋の衰弱は主に髄腔内腱断裂によって行われ、強化は主に折り畳みと前方転位によって行われます。

6.腹直筋ジャンクション

この方法では、V-外斜視は内側と下部の腹直筋の間の相互接続性を受けました。V-外斜視は、外側腹直筋と上部腹直筋の間の相互接続性を受けました。A-外斜視は、外側腹直筋と下腹直筋の間の相互接続性を受けました。A-外斜視は、内側と上部の直筋の間の相互接続性を受けました。この操作では、内側の1/3と上(下)の腹直筋1/3を単純に接続することで、15Δ–20Δの偏差を修正できます。外側の2/3と下(上)の腹直筋1/2を単純に接続することで、20Δ–25Δの偏差を修正できます。内側(外側)2/3と下(上部)腹直筋1/2の接続に加えて、直接拮抗薬(外側または内側腹直筋)を4〜6 mm弱めることで、30Δ〜55Δの偏差を修正できます。

AV症候群の外科的治療では、同綴異義語とヘススクリーンの9つの固定位置の傾斜(垂直および回転傾斜を含む)を手術前に注意深く分析し、術後の変化を正しく推定し、筋肉(水平、垂直または斜め)操作が必要なものを選択する必要があります。この異常を修正し、患者に過度の苦痛をもたらす別の異常を導入することを回避するために、術後の両眼視とわずかな外斜視も考慮する必要があります。

予後:外科的治療は予後が良好です。

関連記事